『易経』京都講座 ―飛龍と見龍の時中とは?ー <特別対談篇> 竹村亞希子先生 VS 鈴木三朗相談役

執筆者プロフィール

竹村亞希子易経研究家/東洋文化振興会相談役

中国古典「易経」を占いではなく、古代の叡智の書として、わかりやすく紹介。全国の企業、官庁での講演やセミナー、アドバイスを行っており、企業経営に携わる多くの人々から厚い信頼を得ている。
NHK 文化センター『現代に生きる「易経」講座』は易経全文を読むのに十年をかけ、二十年目に入る。

著書に『リーダーの易経』、『超訳・易経』(角川 SSC 新書)、『人生を生かす易経』、『易経一日一言』、『CD「よくわかる易経」』(致知出版社)。日経eブック『江守徹の朗読で楽しむ易経入門』シリーズ声の解説者。

鈴木三朗京都試作センター株式会社 代表取締役社長

「日本のモノづくりの未来は試作にある」として、中小企業が連携をして 2001 年に京都試作ネットを立ち上げる。
「京都を試作の一大集積地へ」という一番旗を掲げ、オール京都による試作プラットホームづくりを展開している。
また、未来づくりの土台となる若き指導者の教育の場を提供する「三朗塾」の塾長として次世代の経営者の教育を強力に推進している。

著書に『なんでや』「時空自在」がある。

この執筆者のコラム

GoTo TOP