第13回「時の兆しとしての風を観る洞察力」 | 銀座易経講座~自分らしく生きるためのヒント~

風地観に学ぶ、見えないものを観る洞察力の養い方

風地観は洞察を説く卦(か)です。
「観」は、見えないものを観る、心の目で観て同化することを示しています。
また「観」とは、「観自在(菩薩)」という言葉があるように、目に見えないものごとの本質を心の目で観ることをいいます。
そして「観見」の二目について、剣聖・宮本武蔵は五輪書の中で「観の目をつよく、見の目をよわく、遠きところを近くに見、近きところを遠くに見る」と本質を観る目の大切さを説いています。
リーダーは必ず兆しを察知する洞察力、つまりは見えないものを観る力を養わなければならないと易経は教えています。

その他 開催講座

第11回「「継続は力なり」という人生の極意」~山天大畜に学ぶ、人間の器量と度量を蓄える智慧~

2018年 6月 9日(土)お申込みはこちら

第12回「陰の時代を生きるリーダーの心得」~「火天大有」に学ぶ、リーダーの役割と使命とは?~

2018年 8月 4日(土)お申込みはこちら

講師 竹村 亞希子(たけむら あきこ)

竹村亞希子易経研究家/東洋文化振興会相談役

中国古典「易経」を占いでなく、古代の叡知の書として、わかりやすく紹介。全国の企業、官庁での講演やセミナー、アドバイスを行っており、企業経営に携わる多くの人々から厚い信頼を得ている。
NHK文化センター『現代に生きる「易経」講座』は易経全文を読むのに十年をかけ、十八年目に入る。

著書に『リーダーの易経』,『超訳・易経』(角川SSC新書),『人生に生かす易経』,『易経一日一言』,『CD「よくわかる易経」』(致知出版社)。日経eブック『江守徹の朗読で楽しむ易経入門』シリーズ声の解説者。NHK文化センター「易経」講師(1997年より)

受講料金

15,000円(税込) ドリンク付き
※ご入金後のお申込キャンセル及び返金、ご欠席された場合の振替受講のご対応はいたしかねますので予めご了承下さい。
※お申込者様が参加できない場合は、代理の方にご受講して頂くことができます。

定 員

30名
※定員になり次第、締切らせていただきます

受講条件

どなたでもご参加いただけます

お申込み

開催概要

開催日時

2018年10月20日(土) 14:00-17:00

会 場

紙パルプ会館 銀座フェニックスプラザ会議室

住 所:東京都中央区銀座3-9-11
■東京メトロ銀座・丸の内・日比谷線「銀座駅」A12・A13出口 徒歩2分
■都営浅草線「東銀座駅」A7・A8出口 徒歩1分
■JR山手線「有楽町駅」中央口より徒歩7分
 

GoTo TOP