銀座から「愛と平和と文化」をつなぐ [京都]-銀座街大学TM発足記念-

銀座街大学

銀座街大学TM 発足記念イベント
第1弾のテーマは、銀座から「愛と平和と文化」をつなぐ

2015年10月に発足する銀座街大学は、日本の情報の中心である銀座から「学び」と「遊び」を通して、全国各地の文化をネットワーク化することで100年後も輝く街づくりを目指します。

今回は、ものづくりの文化をテーマに佐賀と京都の伝統文化、そして銀座の文化をつなぐコラボレーションが実現しました。

これに相応しい人物として、世界の平和を祈るチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の最側近である、ザ・チョジェ・リンポチェ師をお迎えし、「愛と平和と文化」を推進するための“法話の会”を開催します。

著書「命と絆の法則」(きずな出版)で、「つながりを感じること・・・それが人生でもっとも重要なこと」と書かれています。
私たちは、決して一人で生きているわけではなく、人と人との結びつきが悠久の文化へとつながっています。

今回は、”つながり(絆)”をテーマに「愛と平和と文化」を考える法話の会にしたいと思います。

 

ザ・チョジェ・リンポチェ師 Za Choeje Rinpoche

Za_Choeje_Rinpoche
本名 ザ・チョジェ・テンジィン・ロブサン・タムチョ。
「リンポチェ」は高位僧の称号。

1968年、南インドのチベット人難民キャンプで生まれる。16歳の時に、ダライ・ラマ14世により、チベット・カム地方の偉大な高僧、ザ・チョジェの6代目の生まれ変わりとして認定される。また、釈迦の十大弟子の一人、持律第一のウパーリ(優波離)の16代目の生まれ変わりとしても知られている。

1996年、チベット仏教ゲルク派の、5つある仏教博士号の中でも、最高位の「ゲシェー・ハラムパ」の資格を、28歳という歴代まれにみる早さで取得する。その他、高名な師たちから様々な伝授や密教の潅頂を授かる。

現在は、アメリカ・アリゾナのフェニックスに「エマホー・ファウンデーション」を設立し、アメリカ、ニュージーランド、日本、台湾などで、チベット仏教の教えを精力的に広めている。
宗教を超えて、西洋とチベット文化の融合に尽力し、心の平安を求める人々をフォローしながら、どの政府とも、どの宗教とも、誰とも争うことなく、自分の人生を幸福に生きる智慧を説き、愛を広めている。
ダライ・ラマ14世の70歳生誕祭では、最高執行責任者を務めた。

開催会場

京都会場:10月4日(日)

当日タイムスケジュール

13:30 開 場
14:00 法 話
16:15 懇親会
※当日はチベット支援のための募金箱を設置いたしますのでご協力ください。

参加費

12,000円(税込)お土産付き

定 員

50名
※定員になり次第、締切らせていただきます

お申込み

お申込み受付は終了しました

開催概要

開催日時

2015年10月4日(日) 14:00-18:00

会 場

KKR京都 くに荘

住 所:京都市上京区河原町通荒神口上る東入東桜町27-3
※「くに荘」は香淳皇后(昭和天皇の皇后)がご幼少の一時期をお過ごしになられた久邇宮邸跡地に立つ宮家ゆかりの会場です。  

備 考

主催:株式会社エム・マインド 共催:NPO法人ザ・シチズンズ・カレッジ

GoTo TOP