『易経講演会in名古屋』 ~自分らしく生きるためのヒント~

講演テーマ:龍が教える帝王学~中国古典「易経」
~ 人生や仕事に活かすことができ、経営にも役立つ「易経」の教えとは ~

約五千年前に記された東洋古典の中で最古の書とされる『易経』

易経は「帝王学の書」であり、君子とされる王たちは易経を通してものごとの変化の道理を知り、事に臨んでどう対処すべきかを学んでいました。そして、現代においても企業や組織のリーダーは、不透明の時代、混迷の時代をどのように生き抜くことができるのかを求めており、時空を超えて絶えることない『易経』の中にその智慧を学ぶという気運が一段と高まっています。

今回は、難解な易経を、わかりやすく解説することで定評のある易経研究家の竹村亞希子氏に、龍から学ぶ人生と仕事に活用する事ができる講演をしていただきます。

講師 竹村 亞希子(たけむら あきこ)

竹村亞希子易経研究家/東洋文化振興会相談役

中国古典「易経」を占いでなく、古代の叡知の書として、わかりやすく紹介。全国の企業、官庁での講演やセミナー、アドバイスを行っており、企業経営に携わる多くの人々から厚い信頼を得ている。NHK文化センター『現代に生きる「易経」』講座は、易経全文を読むのに15年をかけ、22年目に入る。

著書に『子供と読む東洋哲学ー易経(陽の巻・陰の巻)』(新泉社)、『リーダーの易経』、『超訳・易経』(角川SSC新書)、『人生に生かす易経』、『易経一日一言』、『CD「よくわかる易経」』(致知出版社)。日経eブック『江守徹の朗読で楽しむ易経入門』シリーズ声の解説者。NHK文化センター「易経」講師(1997年より)

参加費

2,000円(税込)

定 員

100名
※定員になり次第、締切らせていただきます

お申込み

開催概要

開催日時

2018年10月11日(木) 18:45-20:15

会 場

ウインクあいち 1203号室 (愛知県産業労働センター)

住 所:名古屋市中村区名駅4丁目4−38 

備 考

共催:有限会社花萬、有限会社とうかい総合保険、株式会社アクシス
協力:ゆかいな仲間™

GoTo TOP